業務内容

M&Aアドバイザリー業務

日本の企業を取り巻く環境が、急速なグローバル化・直接金融への移行・会計制度の変更・ガバナンスの強化・株式持合いの解消等、目まぐるしく変化する中、企業価値に資する経営意思決定のために企業財務の果たす役割は重要性を増しております。我々はM&Aを中心とする様々な経験・ノウハウのもとに支援させていただきます。
・M&A取引の時間管理と利害調整(全体の進捗管理とアドバイス)
・財務デューデリジェンス(ワンストップで実施)
・各種実行サポート

 

事業再生、事業承継コンサルティング業務

事業再生について経験豊かなスタッフが、様々なナレッジとスキルを集約し、事業再生プロジェクトを支援いたします。まずは貴社の財務内容を客観的に分析し、その窮境原因を真摯に受けとめ、事業の収益及び財務内容を改善し、近い将来に魅力ある事業を築ける土壌を構築いたします。

STEP1 財務デューデリジェンスの実施
・お取引先様の企業実態を把握し、将来スキームの提案及び事業計画策定に必要な情報を収集します。
・財務デューデリジェンスの手順
帳簿の閲覧と経営者及び経理担当者へのヒアリングを中心に、お取引先様へ伺って調査します。
必要に応じて、不動産鑑定や事業デューデリジェンスを実施します。(専門家の紹介についてはご相談ください。)
報告書を作成し、お取引先様及び金融債権者への報告を行います。
・なお、現状のお取引先様の管理体制で財務状況が十分に把握できる場合は、実施致しません。

STEP2 将来スキームの提案・検討
・株主、経営者の状況及び正常収益力を踏まえて、事業承継、M&Aを含めた将来スキームを提案致します。
・お取引先様の財務状況に応じて、債務免除、DES、DDS等による債務圧縮を含めた財務内容改善の必要性及び妥当性を検討致します。

STEP3 スキームに沿った事業計画策定支援
・足元の資金繰りから将来の収支計画、財務諸表の策定を支援致します。
・また、資金繰りの状況から返済可能な金額を算定し、金融債権者への返済計画を作成します。
・税務面においてお取引先様及び金融債権者に不利益がないよう、随時税務リスクの検討を行います。

STEP4 金融債権者への計画提案・合意
・金融債権者を含めたミーティングを実施し、スキーム、事業計画の提案、説明を行います。
・金融債権者からスキーム実施の合意が得られるまでの交渉を支援致します。

STEP5 モニタリング
・必要に応じて、一定の期間ごとに計画の達成状況をモニタリング致します。
・3~12ヶ月ごとの金融債権者に対する報告を行い、必要に応じてスキームや事業計画の変更等の交渉を支援致します。
・概ね、金融債権者と返済期間10年以内での契約が締結できるまで、支援致します。


管理体制の構築支援業務

1. 部門別損益計算実施に向けた体制整備
① 部門別損益計算を行うために必要な情報の洗い出し
② 企業が保有する原価データ及び問題点の把握
③ 必要な原価データの記録・管理・集計に関する助言
④ 部門別損益計算シート作成に関する助言

2. 部門別の予算実績比較実施に向けた体制整備
① 部門別予算計画の策定支援
② 差異分析及びその結果の利用に関する助言

3. 財務会計(会計記録)との調整
① 部門別損益計算結果と会計記録との整合性
② 必要に応じて会計事務所との協議を実施

⇒ 企業自らが部門別損益計算を実施し、その結果を活用できるようになるまで支援いたします。

4. 資金繰り表作成支援
① 実際の入出金状況の把握
② 実際の入出金状況から経常収支・財務収支の実績を作成するための助言
③ 将来の入出金予定及び事業計画から資金繰り表への落とし込みに関する助言
④ 資金繰り表作成担当者に対する全般的な助言

⇒ 企業自らが資金繰り表を作成し、活用できるようになるまで支援いたします。